カート

カート内に商品がありません

お買い物を続ける

Home / Fathers Day / Rina and Tiako

“今でも毎朝起きて息子の顔を見ると「あぁ、自分は父親で息子がいるんだ」と感じる。素晴らしいことですよね?”

RASOLOFONIANAファミリー

RINAはONEでソーシャルメディア&マーケティングを担当。2歳のTIAKOの誇り高い父親です。

  1. 私の全てです。
  2. 予想も出来なかったほどの喜びと愛があったことですね。素晴らしいものだとは思っていましたが、親になって初めて理解しました。
  3. ONEは多様な価値観がありますが、特に格闘技への向き合い方や、競技者としての振る舞い方を教えてくれました。

    ONEのイベントで謙虚、誠実、尊敬を主張するのと同じように、従順さ、尊敬、規律を暴力としてでなく教訓として、息子に刺激を与えてくれたらと思っています。

    私は2019年の夏からこれまでの約2年間、格闘技を練習してきました。それは、父親になってからにほんの数か月の頃でしたが、私がずっとやってみたかったことでもありました。自分の息子に何か良いことを教え、最終的には息子が成長した時に自分自身を守る方法を教えたいと思っています。父親でいることで、時間を見つけてジムに行き、健康を維持するための大きなモチベーションになりました。やりがいもあり、今はずっと気分が良くなった気がします。私は今、年末までにブラジリアン柔術で青帯を手に入れるためのトレーニングをしています。この情熱を息子の人生に伝えられることを願っています。彼は人生で好きなことを何でもすることができるし、教育の一部として、私は息子にもブラジリアン柔術の青帯取得をして欲しいなと思っています。
  4. 充実、です。
  5. ただ息子が幸せでいることが私の幸せです。

TIAKOがお父さんに選んだTシャツは「ONEフォレストモノトーンフォレストロゴTシャツ」でした!

  • -->